業務をすっきりとさせたいなら飲食POSレジの導入がおすすめ

オーダーに手を取られるスタッフの負担を飲食POSレジで解消可能

お会計中の外国人

飲食POSレジを導入すれば、リアルタイムで厨房へオーダーが通知されるため、移動時間と距離によるロスを解消することができます。しかし、如何にオーダー業務が効率化できても料理や飲み物を提供する作業における問題解決が重要です。スタッフがオーダーに手を取られ、提供する余裕がなければ意味がありません。そこでセルフオーダー式の飲食POSレジを導入するのがベストです。

セルフオーダー式の飲食POSレジなら客席に設置したタブレット端末からお客さんが自由にオーダーを行うことができます。つまり、スタッフがオーダーを受けるということがなくなり、手を取られることがなくなり料理や飲み物を提供するのに専念できます。ネットワークを利用するため、目の届きにくい個室、宴会場に専任スタッフを配置する場合でも最小限の人員に留めることができます。また、リアルタイムでオーダー情報が通知されるため、提供するタイミングを計ることもできます。何度も客席と厨房を行き来することもなく、一括でまとめて届けることも可能になります。また、オーダー受付が長くなる居酒屋の場合、数分間もスタッフが手を止められることもなくなります。飲食POSレジにより限られた時間を有効活用し、スタッフを効率良く運用しましょう。また、最近では提供までにかかる予想時間も表示できるため、待ち時間が短いメニューに誘導できるなどのメリットも生じます。

サポート体制が重要な飲食POSレジ選び

カードを渡す

飲食POSレジは資金管理と顧客来店状況管理を同時に行う大切な設備です。従来のレジでは会計作業とは別に集計作業を行う必要がありましたが端末で処理するだけで全てのデータを一括管理できます。飲食POSレジは面倒な事務作業を大幅に削減し効率を改善すると同時に正確な情報管理の達成される優れものです。飲食店にとって頼もしい味方になってくれる飲食PO…

HEADLINE

2020年07月10日
オーダーに手を取られるスタッフの負担を飲食POSレジで解消可能を更新しました。
2020年07月10日
店に戦略を!飲食POSレジが売上を増加させるを更新しました。
2020年07月10日
飲食POSレジは機能性と操作性に注目して選ぼうを更新しました。
2020年07月10日
サポート体制が重要な飲食POSレジ選びを更新しました。
TOP